朝がいちばんツラい!という腰痛にお悩みの方へ

みなさんは『筋肉のケア』してますか?

 

今までに腰痛を経験したことがある方は、多くいらっしゃると思いますが、その症状は様々で…

 

朝起きたときがいちばんツラい!!

 

という症状をお持ちの方がいらっしゃいます。

 

本来であれば、睡眠は一日の疲れを取り除き、筋肉や内臓を休ませ、翌日の活動に備えてくれる役割があるのですが、日常のあらゆる面のストレスにより「良い睡眠」が出来ず、スッキリしない朝を迎えてしまいます。

 

「良い睡眠」を取る一つの方法として、寝る前の『筋肉のケア』が効果的です。

 

1、お風呂に入り、疲労がたまった筋肉を温めます

 

みなさんご存じのとおり、入浴は体を温める作用だけでなく、リラックス効果も抜群です。シャワーで済ませずに、なるべく湯船に浸かりたいです。

 

 

2、温まった筋肉をストレッチしていきます

 

疲労がたまった堅い筋肉にいきなりストレッチを行うと、ケガをしてしまう可能性もあります。十分に温めてから行います。

 

 ①腰からおしりにかけて伸ばす

 

・仰向けになり、両腕は大きく真横に広げます。

・両膝を立て、右足のくるぶしを左ひざに乗せます。

・そのまま右足の重さで左足を右側へ倒していきます。

・左の腰からおしり、ふとももの外側にかけて、イタ気持ちいい感覚を保ちながら20秒ほど持続します。

・これを5回づつ、逆側も行います。

 

ポイント:気持ちいい。力まない。20秒持続です。

 

 

3、ゆ~っくり深呼吸。

 

最後に仰向けになり、深呼吸を5回行います。

これは、ふとんに入ってから行うと自然と眠りに入れます。

気づくと朝だった!なんてこともあります。

 

・仰向けになり、おへその下に両手を重ねます。

・5秒かけて、ゆっくりと鼻から息を吸い、お腹を膨らませます。

・可能であれば、そのまま5秒息を止めます。

・次に20秒かけて、ゆっくりと鼻から息を吐いていきます。きつい場合は、10秒からトライしてみてください。

  

ポイント:息を吐く時に、お腹をへこませていくと

ゆっくり吐きやすいです。

     

 

長時間の運転姿勢、デスクワーク、農作業など、腰を曲げた状態で同じことを毎日繰り返していると、腰やおしりへの負担が大きく、こういった症状を予防する目的での運動や、健康作りのためのスポーツを取り入れている方も、その後の筋肉へのケアを忘れてしまっているケースが多いかと思われます。

日々の偏った姿勢や過度な運動により、体のかなめである腰周辺への負担が積み重なります。

 

筋肉が堅いと・・・

朝がツラい。血行不良。疲れやすい。疲れが抜けにくい。体が動かしづらい。動きたくない。やる気が出ない。

という負のサイクルにおちいってしまします。

 

 

朝がいちばんツラい!という腰痛でお悩みの方

毎晩の『筋肉ケア』を取り入れて、少しでもスッキリした朝を迎えたいですね。